​「ハードはノイズレスに。ソフトはアノニマスに。」

建築で大切なのは、時間を紡ぐ場所を創ること。

そこで、誰が、どう過ごすのか。緊張感を伴う空間にするのか、所作を誘導する場所であるべきか。自然と調和しているか。そのために大切にしなければならない事は何か。

アートで大切なのは、思考を促す余地があること。

どの様な人生を歩んできた人が、何を感じるのか。特に抽象画は、写し鏡の様に受け手によって意味合いが変化してゆく。その曖昧さと余白にこそ、日本の美意識は潜んでいる。

そんな事を考えながら、日々建築とアートについて試行錯誤しています。

ORTHIOGONAL代表 黒神奈美

 

What is important in architecture is to create a place to weave time.
 

Who and how spend time in there.
Should I make a space with tension, or a place encourage one's carriage?
Are that place in harmony with nature? What are the things that must be taken care of to achieve ?


What is important in art is that there should be room to encourage thought.


Imagine what would a person who has lived a certain life feel.
In particular, abstract paintings change their meaning depending on the recipient like mirrors.
In this ambiguity and blankness, there is Japanese sense of beauty lies.


With this in mind, I am constantly engaged in a trial and error process regarding architecture and art.

 

Nami Kurokami, Representative of ORTHIOGONAL

renovation06.jpg
architecture

空間的余白と境界のグラデーション、素材の経年美を大切にした建築デザイン。

設置例.jpg
art

「倦むことない景色なアート」をテーマにした、空間に合わせたアートの企画&制作、販売。

IMG_3665-1.jpg
product

日々の暮らしを美しく、愛おしくする、「うつくしむ暮らしの道具」のデザイン&販売。