植物の力強い息吹きを受け止める骨太なマテリアル






重厚感があり、安定性のあるシンプルな形状をしている。

様々な使い方ができるが、ものは試しとLサイズのKAKUMARUにビカクシダの苔玉を設置してみた。

ビカクシダのスラリと伸びた葉の色彩と、力強い息吹きを受け止めるKAKUMARUの姿は

見るものに素材の包容力と可能性を感じさせる。

あれこれ使い方を試してみたくなる魅力的な器だ。

苔とも相性抜群である。※本体のみ。植物は付属しません。


サイズは、S M Lの3種類。

■size:
L 本体/H 120×W 120×D 30(㎜)
M 本体/H 105×W 105×D 30(㎜)
S 本体/H 80×W80×D 30(㎜)

■material:陶器 素地

ビカクシダは漢字で「麋角羊歯」と書く。麋角とはヘラジカの角のことであり、普通葉がシカの角に似ることによる。学名はプラティケリウム(platycerium)で、語源はギリシャ語の platys (広い)と keras (角)の2語からなる「広い角」を意味し、普通葉がオオシカの角に似ていることに由来する。また別名にコウモリランがある。

_Wikipediaより抜粋_





閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示